夜雀のチラシ ~おすすめ東方動画紹介ブログ~

ニコニコ動画に投稿されている東方動画を紹介していきます。過去の人気動画からもっと評価されるべき動画まで揃えていく予定です。グッズ、イラストの紹介も少しあります。

オススメ動画一覧

お知らせ
5/9
記事の書き方を少し変えてみました。
5/1
今日のおすすめ東方自作アレンジと今日のおすすめ東方静画紹介の紹介記事を本日から再開致します。
お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

「今日のおすすめ東方自作アレンジ&今日のおすすめ東方静画紹介記事再開のお知らせ。」


例大祭10が終わるまで例大祭のグッズ情報を頻繁に投稿する予定です。とりあえず、企業ブースの情報はこちら。
第10回例大祭グッズ情報(企業ブース)


5/3,5/4,5/5および5/18は私用のためブログの更新をお休みさせていただきます。
週間ランキング
紹介動画一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[タグ未指定]
[ --/--/----:-- ]スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

博麗霊夢が・・・死んだ!?〔[東方手書き]霊夢と幻想郷第1話前編「お説教が必要なようですね!」〕


動画投稿者:わきぴー 様 ジャンル:東方手書き劇場 タグ:伝説の始まり

みんなから愛されいむな博麗の巫女のお話
・大雑把な動画まとめ
再生数10万越えの東方手書き劇場。
全編フルカラーで、かわいい絵柄おもしろいストーリーが特徴の動画です。
だいたい、愛されいむ

この動画はシリーズの第一話になります。続きの動画はこちらからどうぞ。


 

この動画はかなりオリジナルの設定などを含みますので注意。

ちょっとした設定の変更は二次創作には付き物ですが、この動画では完全なオリキャラ(四季折々のキャラクターの略ではない方)が登場します。

そういった独自設定が受け入れられない方は視聴しないほうが良いかもしれません

物語は全5話+EX、だいたい前編と後編の動画に分かれているので動画数は全12回、総再生時間はだいたい1地時間半くらいです。


 
1.物語は霊夢が死んだところからスタート
物語は映姫様がいる彼岸からスタート
いきなり博麗霊夢が死んで映姫様を訪れてきます。

霊夢にも死んだ理由はよく分からないようで、とりあえず死んだ理由を探るために幻想郷の動向を探り始めてみると・・・

この物語のメインストーリーは霊夢が死んだ後の幻想郷の騒ぎと、死んだ霊夢のその後になります。

霊夢が死んで博麗大結界が脆くなっているところに、魔理沙たちが霊夢を探して大暴れしたものだから結界が崩壊するほどの危険な状況に。

霊夢が戻れれば良いのですが、一度死んだ人間は現世には戻れないルール。この状況を何とかするために霊夢は何を選択するのか?

冒頭に出てくる封書はかなり重要です。小町がもっと早く報告していれば、いや、でも、霊夢が死んだ理由もかなりうっかりですけどね。

2.霊夢はみんなから愛されいむ
全体的に霊夢が愛され系キャラ。分かりやすくいうなら霊夢総受けな動画です。この動画で発生する異変も霊夢が愛されすぎていたのが原因ですし、異常なくらいにモテています。

まあ、原作の時点で吸血鬼隙間妖怪などに好かれているので別におかしくはないのですが、この動画では氷精などのそれ以外の人妖からも大量に好かれています。

アリスなんかも霊夢を探すために、それ専用の人形を1万体も作るほど。
1万は作りすぎですよアリスさん。やっぱり霊夢の事が好きなんじゃないですか?

また、この霊夢人形はかなり可愛いです。できれば1体欲しいですね。
ただ、この人形が動画の後半ではおかしな事に、具体的には動画本編をご覧ください。

アリスの人形で幻想郷がやばい。

この動画は霊夢が愛されている東方手書き劇場を見たい方におすすめの動画です。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[ 2013/05/0717:27 ]東方手書き劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yosuzumetirashi.blog.fc2.com/tb.php/717-14ce83f7

おすすめ動画
殿堂入り動画
もっと評価されるべき動画

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。